食品の乾燥方法について

古くから農産物を長期保存するため、漬物や天日干しが利用されてきました。乾燥すると長期保管ができる食品も多く、保存食料の製造には乾燥は重要な技術です。人工乾燥には電気屋ガスなどの熱を利用した技術があり、乾燥時間も1日と極めて短くなります。太陽光から得られるオゾンを利用した素材の漂白は得られませんが、乾燥だけなら電気式やガス式の食品乾燥機が広く利用されています。

真空凍結乾燥(フリーズドライ)と食品乾燥機を使った乾燥品の違い 〜 食品乾燥機.com

2018年4月12日

真空凍結乾燥(フリーズドライ)をただなんとなくやってみたい方が大勢いらっしゃるのですが、その多くは補助金などを使ったもの。自腹でという方は、既にコスパを考えてちょっとそっとでは近づきません(笑)。 フリーズドライは生の素 […]

Read More