国産と海外製食品乾燥機の安全性について

電気を使用する電気食品乾燥機では、装置内にヒーターを利用します。このヒーターはオンとオフを交互に繰り返しながら、加温空気の温度を調節しています。これがオンのままになると庫内は異常高温となり、樹脂製の製品なら溶けたり火災になったりします。これは国産であっても、熱源式の加湿器での火災事故などの例が多数あります。ヒーターのオン・オフは主にリレーという素子によって制御されています。効果なものでは電子制御によってヒーターの通電時間を細かく制御しています。高価な装置ではこの電子制御が利用されています。海外の安価な装置では電磁石を利用したリレー式制御の食品乾燥機もありますが、リレーは消耗品であり、長年使用するとリレーが内部で通電しっぱなしの状態となり、非常に危険です。国産では通常、異常高温を察知して電源を切る二重の安全制御されていますが、海外製で安全装置がついていないものがあります。この様な製品を使用して夜間運転すると、火災の原因となります。加湿器もそうですが、ヒーターを利用した製品寿命は5年以内と考えた方が安全と思います。

海外製品であっても国内の輸入業者はPL法により故障による事故の補償責任があります。PL法に関係した保険に入っている事が強く求められますが、食品乾燥機の輸入業者でこの様な保険に入っていない場合には、事故があっても倒産して逃げるのがオチでしょう。海外の電気製品をAmazonなどの通販サイトで直輸入で購入すると、国内のPL法はどうなるのでしょう。Amazonは輸入業者ではないため、事故の責任は無いのではないかと思います。

海外製であれ国産であれ、きちんとした国内代理店から購入する事を強くおすすめします。

何しろ加湿器やホットカーペットの火災事故が全国で多数起きています。これを知ってしまうととても怖くて慎重になります。海外製で樹脂製筐体の食品乾燥機。私なら夜間運転はしないと思います。汗

<トップに戻る>

カリカリ
食品乾燥に携わってはや七年。数十年に渡るバイオ研究の経験も活かしたご紹介をしたいと思います。